情報過多の世の中で、足の裏の感覚だけで何かを探すというのが新鮮であった。
長い間この感覚に飢えていた気がした。

だから昨夜、すべての靴を投げ捨ててしまった。
Back to Top